企業理念

創業以来70有余年。独創的な生産設備導入を積極的に進め、その成果は取引先企業はもとより業界内外からも高い評価を戴いてまいりました。
お客様の"オンデマンド"にお応えするための多品種小ロット短納期供給体制、お客様の声を基に生まれた創意工夫の数々。もちろん品質管理には万全を期しております。また、2013年からはレンゴーグループの一翼を担うセッツカートングループの一員となり、そのネットワークにより新たな力を身に纏うに至っております。
これらを支えるのがわが社の人財です。悩み・思いつき・動き・考える集団が体系的に機能して、お客様の御要望にお応えしていく。
…そんな想いをそのまま社名にしました。


Upward
(上昇する)
Superior System
(優れた組織体系)
for Carton supply

「小粒でもピリリと辛い」
これからもずっと、そんな企業であり続けたいと考えております。

会社概要

商号
ユーエスカートン株式会社
所在地
〒924-0051 石川県白山市福留町211
TEL(076)277-1185 FAX(076)277-1194
代表取締役社長
上田 正浩
創立
1947年(昭和22年)1月1日
設立
1966年(昭和41年)4月1日
資本金
2,000万円
従業員
17名
事業内容
各種段ボール製品、紙製品、プラダン製品、その他包装資材全般の 製造・販売
主要取引先
イケウチ株式会社、石川県漁業協同組合、株式会社田井屋、辰巳化学株式会社、田村総業株式会社、佃食品株式会社、日本フィルター工業株式会社、福島印刷株式会社、株式会社ホクチン、株式会社村田製作所
主要仕入先
セッツカートン株式会社、レンゴー株式会社
協力施設等
聖ヨゼフ苑、セルプあさがお、セルプはくさん、仏子園

(五十音順・敬称略)

沿 革

1947年(昭和22年)  1月
金沢市芳斎町にて木箱工場創業
1954年(昭和29年)  5月
金沢市長町3丁目に移転
1963年(昭和38年)  8月
段ボール工場新設
1966年(昭和41年)  4月
法人に組織替、株式会社上田製箱所となる
1970年(昭和45年)  3月
段ボール工場を金沢市八日市町に移転
1980年(昭和55年)  8月
段ボール工場を現在地に移転
1986年(昭和61年)  8月
増資により資本金2,000万円となる
1987年(昭和62年)  7月
社名変更。ウエダ段ボール株式会社となる
2002年(平成14年)  8月
安全運転管理優良事業所表彰
2003年(平成15年)  9月
白山市緑と花の町なみ賞受賞
2004年(平成16年)  1月
KES環境マネジメントシステム認証取得
2008年(平成20年)  6月
社名変更。ユーエスカートン株式会社となる
2012年(平成24年)  9月
白山市と防災協定締結。以後、野々市市・津幡町・能登町と締結
2013年(平成25年)  1月
セッツカートン株式会社の出資を受けグループ会社となり
現在に至る

地域貢献活動

  • 学校等の要請に応じて、行事の際に用いる段ボールを寄贈しています。
  • 職場体験学習(ワクワーク)の受入事業所として、毎年数名の中学生を受け入れています。
  • 自治体や学校等の要請に応じて、成人式や運動会開催時に、敷地を駐車場として開放しています。
  • 自治体と防災協定を締結しています。

地域貢献活動写真

東日本大震災の教訓から、災害発生時の避難所にはベッドが必要という考えが広まり、この声に応えてセッツカートングループでは、災害時に段ボール製簡易ベッド「暖段はこベッド」や間仕切等を供給する内容の防災協定を全国の自治体と締結する運動を進めています。当社も県内各自治体との防災協定締結を進めており、自治体等の要請に応じて地域の防災訓練等へ参加し、避難所での段ボールベッドや間仕切設営訓練を行っております。

環境保全の取り組み

環境保全の取り組み写真

当社は、2004年8月より環境マネジメントシステムKES-STEP2を導入し,2005年1月31日認証登録致しました。KESは京都議定書の発祥地である京都から発信された環境マネジメントシステムの規格で、多くの大手企業や自治体がISO1400に準ずるものとしてグリーン調達先の選定基準に適用していることもあり、認証件数が年々増加しています。当社では、会社の存在と活動がもたらす全ての環境影響を随時精査し、悪い影響を可能な限り減らすとともに、良い影響をできる限り増やすための環境改善活動を永続的に推進しています。

アクセス

ユーエスカートン株式会社

〒924-0051 石川県白山市福留町211